1/3
奥山おまいりまちとは
江戸時代浅草寺の境内で奥山と呼ばれ見世物や演芸の小屋や茶屋が立ち並ぶ庶民の娯楽の地として賑わいました。平成になってからは「江戸情緒と大衆文化の出逢い奥山おまいりまち」というテーマのまちづくりに取り組み、江戸情緒を演出する街並み景観の整備を進める一方、特に浅草で発展した江戸歌舞伎の文化をお客様にも楽しんでいただこうと、お店のシャッターには「歌舞伎絵」を描きライトアップして夜の通りには歌舞伎絵ギャラリーを出現させています。

トピックス

 
shiro.png

浅草見どころガイド

shiro.png

奥山おまいりまちMAP